消化酵素とは?

 

酵素には大きく分類しますと体内で作られる体内酵素と、

 

体外から摂取できる食物酵素が存在します。

 

そのうちの体内酵素も消化酵素と代謝酵素に分けられます。

 

こちらでは消化酵素についてまとめてみました。

 

消化酵素の働き

 

消化酵素とは、酵素の分類の一つで体内に入ったものを消化する働きのある酵素の事を指します。
この消化酵素には分類があり、炭水化物・脂肪・タンパク質の消化酵素に分けられます。

 

人間を始め、生物は食物を体内に取り入れ、栄養源としますが、そのままでは栄養とすることは出来ません。
その為、消化酵素の働きを借りて、体内に取り入れた食物を消化分解していくわけです。

 

これらの消化酵素は唾液や胃液などに含まれています。
炭水化物は唾液に含まれるアミラーゼという酵素でまず分解されます。
このアミラーゼはデンプンを分解し、麦芽糖にする働きがあるのです。

 

さらに麦芽糖は腸液に含まれているマルターゼという炭水貨物分解酵素によってブドウ糖となります。
消化酵素によりブドウ糖となった炭水化物は、小腸の粘膜から吸収されていきます。
そして体内のエネルギーとなっていきます。

 

またタンパク質は胃液のペプシン塩酸、膵液のトリプシン、腸液のペプチダーゼにより分解され最終的にはアミノ酸となります。

 

このように他のショ糖や乳糖、脂肪なども消化器官にて分泌される酵素により、小さな単位に分解されていきます。
大半の消化液には、これらの消化酵素は含まれています。

 

例外として胆汁には消化酵素は含まれてはいませんが、酵素の働きを補助する成分は含まれています。
消化酵素とは、食べ物を体内に吸収できる小さな単位の状態にしていく、生物にとって欠かせないものとなっています。

 

新谷酵素の効果や口コミのトップページへ

新谷酵素

今だけアンケートで200円で購入